就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

[Eng Below] 就労支援事業所「くうねる」の活動が中日新聞に掲載されました!

[Eng Below] 就労支援事業所「くうねる」の活動が中日新聞に掲載されました!

☆愛知県ビルメンテナンス協同組合様と医療法人福智会がタッグ☆

福智会の就労支援事業所「くうねる」の活動が2018年4月3日の中日新聞にて取り上げられました!

福智会では、精神障害をもつ方の治療だけでなく、社会復帰の一環として就労支援にも力を入れています。

当院に通うある男性は10代でてんかん発作を起こし20年間引きこもり状態にあったのですが、就労支援事務所くうねると愛知県ビルメンテナンス協同組合様がタッグを組んだ「リカバリーあいちプロジェクト」に参加し、実習やトレーニングを経て現在はビル清掃会社で働いています。主治医である当院院長も、「症状が改善し、人との交流が増えた」とコメント。

このプロジェクトの特徴は、就職した後もくうねるのスタッフが継続支援を行うことにあり、現在はプロジェクトの卒業生5人全員が継続して働いています。今後もくうねるは、愛知県ビルメンテナンス協同組合様と連携し、「リカバリーあいちプロジェクト」を進めていきます。皆様是非記事をご一読ください。

福智会は、患者様・利用者様一人ひとりのリカバリーを応援します!

☆Aichi Building Maintenance Association & Fukuichi-Kai Supporting Others☆

On April 3rd, there was a very informative article in the Chunichi Shinbun (CHUNICHI Web), giving light on the Healthcare Corporation Fukuchi-kai’s current efforts.

The Fukuchi-kai’s attention is focused on providing medical support for persons with mental disabilities as well as employment support, as part of patients’ rehabilitation into society. The Suzukake Clinic plays an integral part in the Fukuchi-kai’s provision of medical services.

One of the clinic’s patients had his first epileptic seizure in his teens, followed by “Hikkikomori” (acute social withdrawal) for twenty years. With the employment support of the Recovery Aichi Project, operated by Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, “Ku-nel”, the patient has begun working in a company that cleans buildings. His attending physician, Clinic Director Dr. Fukuchi, commented that “his epilepsy has been alleviated along with an improvement in overall communication.”

The Healthcare Corporation will continue collaborating with Aichi Building Maintenance Association, improving the Recovery Aichi Project.

»