就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

[Eng Below] 名古屋テレビ塔ライトアップ(中日新聞)

[Eng Below] 名古屋テレビ塔ライトアップ(中日新聞)

5月12日(土)の中日新聞に掲載されていた、名古屋テレビ塔ライトアップに関する記述がてんかん啓発キャンペーンを提起しました。

名古屋テレビ塔が開業したのは1954年で日本において最も開業が早いテレビ塔です。また今年6月で夜間のライトアップが始まって30年目になります。2014年には開業60周年を契機に約一万個のLEDをテレビ塔の背骨部分及び外側の骨組みに設置しました。

ライトアップはこれまで多くの企画に使われました。てんかん啓発キャンペーンの企画では、テレビ塔は紫色のライトアップを行い紫色に染まり、パープルデーを記念します。

今後も、より多くの方々にてんかんへの関心を持って頂くため、引き続き名古屋テレビ塔とコラボレーションを企画し、てんかんの社会的発信を強めていきたいと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The report about Nagoya Tv Towel’s light-up in Chunichi newspaper has mentioned the epilepsy enlightenment campaign.

In 1954, Nagoya Tv Towel was opened, and it is the first tv tower to start operation in Japan. Moreover, June this year is the 30th year of Nagoya Tv Tower’s night light-up. In 2014, for celebrating 60th anniversary of Nagoya Tv Towel, nearly ten thousand LEDs were installed in the body of Nagoya Tv Towel. And the light-up has been utilized for various programs. In case of epilepsy enlightenment campaign, the lights turn purple and the whole tower is decorated in purple for celebrating Purple Day.

We strongly wish to collaborate with Nagoya Tv Towel for more campaign in future. And we definitely believe that purple light-up will push forward social concern about epilepsy and provoke the public attention to epilepsy patients.

 

 

 

«