就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

04月

[Eng Below] 静岡てんかん・神経医療センターから感謝状を頂きました!

静岡てんかん・医療センターから、パープルデーキャラクターのパープルマンと医療法人福智会くうねる宛に感謝状をいただきました!

3月26日(月)に静岡てんかん・神経医療センターで行われたパープルデーイベントに名古屋からパープルマンが駆け付け、子どもたち・ご家族のみなさん・スタッフの皆さんに大変喜んでもらいました。

寄せ書きには、静岡てんかんセンターの皆さんからの温かいメッセージがたくさん書かれており感激です。ありがとうございました。

今後も引き続き、福智会はパープルマンと活動を続けていきます!これからもパープルマンはてんかんをもつ方たちに愛と勇気を届けていきます!

☆Letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan☆

On April 20th, Purple Man, the main Purple Day character and Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, Ku-nel, received letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan.

On March 26th, Purple Day events were held at the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan. The events included the performance of Purple Man, with the Center turning purple for the celebration. The kids at the Center were elated by the appearance of Purple Man!

Fukuchi-kai, including Ku-nel, felt extremely honoured to receive the letters of thanks. We would like to continue collaborating with the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan to propagate Purple Day and raise public concern about epilepsy.

 

[Eng Below] 3期の「リカバリーあいちプロジェクト」スタートしました!

☆「リカバリーあいちプロジェクト」!☆

「リカバリーあいちプロジェクト」の第3期4月からスタートしました!

今回は豊橋の清掃業務/維持管理業務/警備業務を中心に行っている管財株式会社様の研修センターをおかりしてやっています。

開校式の様子です。

メンバー3人で始めました。皆、とても集中して話しをきています。

今回は週一回行って行く予定です。引き続きメンバーのサッポートを社会復帰就職支援していきたいです。

☆Recovery Aichi Project in Toyohashi☆

The third phase of Recovery Aichi Project has already started from April. This time the Project session was held in Toyohashi in cooperation with cleaning and building management company Kanzai ltd.

With 3 participants taking part, the session gave a chance to listen to the talks and exchange experience. The similar sessions are expected to take place every once a week. With the help of such projects which assist the members to find the jobs, we hope to contribute to and support their integration into society.

[Eng Below] 就労支援事業所「くうねる」の活動が中日新聞に掲載されました!

☆愛知県ビルメンテナンス協同組合様と医療法人福智会がタッグ☆

福智会の就労支援事業所「くうねる」の活動が2018年4月3日の中日新聞にて取り上げられました!

福智会では、精神障害をもつ方の治療だけでなく、社会復帰の一環として就労支援にも力を入れています。

当院に通うある男性は10代でてんかん発作を起こし20年間引きこもり状態にあったのですが、就労支援事務所くうねると愛知県ビルメンテナンス協同組合様がタッグを組んだ「リカバリーあいちプロジェクト」に参加し、実習やトレーニングを経て現在はビル清掃会社で働いています。主治医である当院院長も、「症状が改善し、人との交流が増えた」とコメント。

このプロジェクトの特徴は、就職した後もくうねるのスタッフが継続支援を行うことにあり、現在はプロジェクトの卒業生5人全員が継続して働いています。今後もくうねるは、愛知県ビルメンテナンス協同組合様と連携し、「リカバリーあいちプロジェクト」を進めていきます。皆様是非記事をご一読ください。

福智会は、患者様・利用者様一人ひとりのリカバリーを応援します!

☆Aichi Building Maintenance Association & Fukuichi-Kai Supporting Others☆

☆Aichi Building Maintenance Association & Fukuichi-Kai Supporting Others☆

On April 3rd, there was a very informative article in the Chunichi Shinbun (CHUNICHI Web), giving light on the Healthcare Corporation Fukuchi-kai’s current efforts.

The Fukuchi-kai’s attention is focused on providing medical support for persons with mental disabilities as well as employment support, as part of patients’ rehabilitation into society. The Suzukake Clinic plays an integral part in the Fukuchi-kai’s provision of medical services.

One of the clinic’s patients had his first epileptic seizure in his teens, followed by “Hikkikomori” (acute social withdrawal) for twenty years. With the employment support of the Recovery Aichi Project, operated by Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, “Ku-nel”, the patient has begun working in a company that cleans buildings. His attending physician, Clinic Director Dr. Fukuchi, commented that “his epilepsy has been alleviated along with an improvement in overall communication.”

The Healthcare Corporation will continue collaborating with Aichi Building Maintenance Association, improving the Recovery Aichi Project.