就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

「くう ねる」について
就労移行支援事業所「くう ねる」はこんな事業所です―

「くう ねる」のご紹介

「くう ねる」の名前の由来

「食べる」ことと「寝る」ことと同じくらい、「働く」ことが生活の中であたりまえになるように…

「食べる」こと、「寝る」ことの間に、一日の中で「働く」ことが入るように…

そんな想いを込めて「くう」と「ねる」の間に「空白」を入れて「くう ねる」と名付けました。

 

「就労移行支援事業所」って何をするところ?
「就労移行支援事業所」は、一般就労を目指してさまざまな職業訓練や実習、その人に合った職場さがし、仕事に就いた後に仕事を続けられるような支援をする施設です。

専門の職員が利用者の状況や希望に合わせ、就職するまでに・就職してからどうしたら良いのかといった計画を一緒に考えるところから支援がスタートします。

なお、就労移行支援事業所は利用者ごとに標準で「24ヶ月間まで」と利用期間が決められています。

「くう ねる」ってどんな事業所?

精神障害のある方々の一般就労を目指したサポートをおこなっています。
一日でも、一ヶ月でも、一年でも早く…できるだけ早期に一般就労を目指して一人ひとりに合わせたサービスを提供します。

「くう ねる」では職業訓練以外にも、就職にかかわることの相談全般に対応しています。
就職に関してお悩みの方は気軽にお問合せください。

「くう ねる」は、すずかけクリニック(精神科)の3階にあります。
精神科クリニックやデイケア、その他医療法人が運営するサービスとの連携体制があるので、病気のことで就職への不安がある方へのバックアップ体制も万全です。
もちろん、すずかけクリニックに通院している方以外のご利用も大歓迎です!

利用できるのはどんな人?

「働きたいけど、就職活動や仕事を続けることが不安」という方のサポートをおこなっています。

利用できるのは現在、精神科・心療内科に通院中で、障害福祉サービスの支給が出ている方です。
「障害福祉サービス」って何? どうやったら支給を受けられるの? 
という方のご相談にものることができますので、仕事に挑戦してみよう!という方はまずお問合せください!

費用はどのくらいかかりますか?

【利用料金】

「福祉サービス受給者証」に記載された負担割合と上限金額により、利用金額が異なります。
具体的な金額は利用サービスによって、1ヶ月に1回、自己負担分の利用料を請求します。

(生活保護を受給されている方、前年の所得が125万円の方は自己負担金がゼロ円となります)

人によって利用料金が異なる制度なので、詳しいことはまずご相談ください。

【昼食】

「くう ねる」での昼食代は無料です。

【その他】

交通費など、就職活動にかかる費用は自己負担となります。

利用するにはどうすればいい?

まずはお電話(052-741-8300)でご予約の上、見学にお越しください。

その後、入所のための面接と書類(主治医の意見書など)によって入所判定をおこないます。
(判定の結果、入所をお断りさせていただく場合がありますのでご了承ください)

利用にあたっては障害福祉サービス受給者証の「就労移行支援」の支給が必要となります。
手続きの仕方がわからないという方のサポートもしますのでご安心ください。

 

デイケアとの違いは?

就労移行支援事業所は「一般就労を目標にしたサポート」に特化した施設です。

生活リズムを整えたい、日常生活の悩みを相談したい、仲間づくりがしたい、ひきこもりから脱出したい…
といった方には、まずは医療施設である精神科デイケアなどを利用されることをオススメしています。

「くう ねる」ではデイケアとの連携体制も整っているので、必要に応じてデイケアのプログラムを紹介させていただくことも可能です。