就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

 

トップページ

就労移行支援「くう ねる」のウェブサイトへようこそ!

「くう ねる」は、医療法人が運営する就労移行支援事業所です。
精神科クリニックと同じ建物にあるので、医療的バックアップ体制も万全!

精神疾患があっても自分らしい人生を送りたい、社会に出て活躍したい!
という方の就職活動や就職後の社会人生活をサポートします。

「働かなきゃと思うんだけど、一歩が踏み出せない」
「仕事に就いたことがないので、どうしたらいいかわからない」

新着情報

[Eng Below] 新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました!

☆5月9日に新しい施設外就労先としてカカシカフェが愛知県図書館内にオープンしました!☆

接客をはじめとする仕事の訓練を行います。香り高いオーガニックコーヒー・紅茶が1杯200円!その他、ハンドメイドの焼き菓子を販売しています。オープン記念としてドリンクを注文の方先着400名の方にパウンドケーキ1個プレゼント!!

初日は60名を越えるお客様にご来店いただきカカシ達(ここで働く利用者さんの愛称)も一生懸命頑張りました!

緑豊かな木々に囲まれた閑静な環境の中でゆったりと心を落ち着けるティータイムやお友達との楽しい会話はいかがでしょうか?

皆様のご来店をお待ちしています。

☆On 9th May, Kakashi Café was opened in the Aichi Prefectural Library as a new office work destination. ☆

The café indeed serves as a venue for training the hospitality. A high quality fragrant organic coffee and the tea is only 200 yen per cup! What is more, the café is offering a handmade baked confectionery. In the opening ceremony, the café offered 1 piece of pound cake free for around 400 first comers who ordered ceremonial drinks! !

On the first day, more than 60 customers came to visit Kakashi, the name of the café that is derived from pet name of the employee, who also worked very hard on the opening day!

How about a tea time to relax and calm yourself in a quiet environment surrounded by lush trees and take a delight from an enjoyable conversation with your friends?

We look forward for your visit!

[Eng Below] 波の会愛知県支部の機関雑誌に福智 寿彦院長のあいさつ文を掲載させて頂きました!

☆波の会(日本てんかん協会)愛知県支部の機関雑誌「おおなみ」5月号に、新年度を迎えあいさつ文を掲載させて頂きました☆

新年度を迎え、ここで心機一転、新たに目標を立てられている方もいらっしゃると思います。

私が深く関わっているてんかん啓発キャンペーン「パープルデー」も日本で広げ始めて今年で四年目になります。今年は3月25日に名古屋テレビ塔で無事パープルデーを開催し、イメージキャラクターの「パープルマン」も活躍し、現場は大いに盛り上がりました。また仙台や東京、大阪、広島、鳥取など全国各地で様々なイベントが行われ、年々と記念活動の規模が大きくなっています。

一方で、啓発活動に参加し強く意識するようになったのが「内側にある偏見(スティグマ)」です。記念活動を含めこれまで「外側にある偏見」、つまり人々のてんかん患者への偏見をなくすことを念頭に頑張ってまいりました。ですが、当事者、家族、医療者自身による偏見、「てんかん発作があるため仕事を諦める、自分はてんかん患者だから社会生活は無理」など、「内側にある偏見」の壁を乗り越えることも大事です。当事者自身の偏見をなくさず真の社会復帰は実現しません。当事者たちの心に潜む自身への偏見を乗り越えていけるよう働きかけを推し進めていくことが新年度の目標です。

皆さんも自分にできることを考えみてください。皆さんの投げかけた一言、踏み出した一歩が世の中を大きく変えることにつながるはずです。

☆The greeting letter has been placed in the magazine “Oonami” ☆

The Aichi Branch of Nami no Kai(Japan Epilepsy Association)published its institutional magazine “Oonami”(No.5, 2008) and my greeting letter has been placed in it. In the new year, I believe that people have their own new purposes.

As for me, this year is the fourth year since we started the campaign “Purple Day”. On 25th, March, we held the “Purple Day” anniversary festival in Nagoya successfully. Thanks to the wonderful performance of image character “Purple Man” and local idol group, the festival was heated up and participants enjoyed the events greatly. Besides Nagoya, “Purple Day” has been celebrated in other main cities such as Tokyo and Osaka and its scale is definitely becoming increasingly large year by year.

Meanwhile, what I am considering about the epilepsy remedy through these campaigns is that we should also help patients dispel internal stigma. Including “Purple Day” campaigns, we have been striving to dispel people’s prejudice against epilepsy patients known as external prejudice. However, it is also extremely important for patients themselves to be confident with lives. Negative thinking such as “I have to quit my job because of my epilepsy seizure” and “I could hardly enjoy social life since I am an epilepsy patient”, is also the impediment of their complete social recovery. So the new purpose for me this year is that we should also focus on internal stigma and help patients dispel their prejudice against themselves.

I sincerely hope that everyone could consider about what we can do for epilepsy remedy. Any idea or comment is welcomed, and your one proposal and one step mean a lot for changing the world.

[Eng Below] 静岡てんかん・神経医療センターから感謝状を頂きました!

静岡てんかん・医療センターから、パープルデーキャラクターのパープルマンと医療法人福智会くうねる宛に感謝状をいただきました!

3月26日(月)に静岡てんかん・神経医療センターで行われたパープルデーイベントに名古屋からパープルマンが駆け付け、子どもたち・ご家族のみなさん・スタッフの皆さんに大変喜んでもらいました。

寄せ書きには、静岡てんかんセンターの皆さんからの温かいメッセージがたくさん書かれており感激です。ありがとうございました。

今後も引き続き、福智会はパープルマンと活動を続けていきます!これからもパープルマンはてんかんをもつ方たちに愛と勇気を届けていきます!

☆Letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan☆

On April 20th, Purple Man, the main Purple Day character and Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, Ku-nel, received letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan.

On March 26th, Purple Day events were held at the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan. The events included the performance of Purple Man, with the Center turning purple for the celebration. The kids at the Center were elated by the appearance of Purple Man!

Fukuchi-kai, including Ku-nel, felt extremely honoured to receive the letters of thanks. We would like to continue collaborating with the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan to propagate Purple Day and raise public concern about epilepsy.

[Eng Below] 3期の「リカバリーあいちプロジェクト」スタートしました!

☆「リカバリーあいちプロジェクト」!☆

「リカバリーあいちプロジェクト」の第3期4月からスタートしました!

今回は豊橋の清掃業務/維持管理業務/警備業務を中心に行っている管財株式会社様の研修センターをおかりしてやっています。

開校式の様子です。メンバー3人で始めました。皆、とても集中して話しをきています。

今回は週一回行って行く予定です。引き続きメンバーのサッポートを社会復帰就職支援していきたいです。

☆Recovery Aichi Project in Toyohashi☆

The third phase of Recovery Aichi Project has already started from April. This time the Project session was held in Toyohashi in cooperation with cleaning and building management company Kanzai ltd.

With 3 participants taking part, the session gave a chance to listen to the talks and exchange experience. The similar sessions are expected to take place every once a week. With the help of such projects which assist the members to find the jobs, we hope to contribute to and support their integration into society.

[Eng Below] 就労支援事業所「くうねる」の活動が中日新聞に掲載されました!

☆愛知県ビルメンテナンス協同組合様と医療法人福智会がタッグ☆

福智会の就労支援事業所「くうねる」の活動が2018年4月3日の中日新聞にて取り上げられました!

福智会では、精神障害をもつ方の治療だけでなく、社会復帰の一環として就労支援にも力を入れています。

当院に通うある男性は10代でてんかん発作を起こし20年間引きこもり状態にあったのですが、就労支援事務所くうねると愛知県ビルメンテナンス協同組合様がタッグを組んだ「リカバリーあいちプロジェクト」に参加し、実習やトレーニングを経て現在はビル清掃会社で働いています。主治医である当院院長も、「症状が改善し、人との交流が増えた」とコメント。

このプロジェクトの特徴は、就職した後もくうねるのスタッフが継続支援を行うことにあり、現在はプロジェクトの卒業生5人全員が継続して働いています。今後もくうねるは、愛知県ビルメンテナンス協同組合様と連携し、「リカバリーあいちプロジェクト」を進めていきます。皆様是非記事をご一読ください。

福智会は、患者様・利用者様一人ひとりのリカバリーを応援します!

☆Aichi Building Maintenance Association & Fukuichi-Kai Supporting Others☆

On April 3rd, there was a very informative article in the Chunichi Shinbun (CHUNICHI Web), giving light on the Healthcare Corporation Fukuchi-kai’s current efforts.

The Fukuchi-kai’s attention is focused on providing medical support for persons with mental disabilities as well as employment support, as part of patients’ rehabilitation into society. The Suzukake Clinic plays an integral part in the Fukuchi-kai’s provision of medical services.

One of the clinic’s patients had his first epileptic seizure in his teens, followed by “Hikkikomori” (acute social withdrawal) for twenty years. With the employment support of the Recovery Aichi Project, operated by Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, “Ku-nel”, the patient has begun working in a company that cleans buildings. His attending physician, Clinic Director Dr. Fukuchi, commented that “his epilepsy has been alleviated along with an improvement in overall communication.”

The Healthcare Corporation will continue collaborating with Aichi Building Maintenance Association, improving the Recovery Aichi Project.