就労移行支援事業所 くう ねる

ひとりひとりの夢や希望をめざして!「くう ねる」はリカバリーを応援する就労移行支援事業所です

TEL.052-741-8300

〒464-0850
名古屋市千種区今池五丁目19-12
すずかけクリニック3階

 

トップページ

就労移行支援「くう ねる」のウェブサイトへようこそ!

「くう ねる」は、医療法人が運営する就労移行支援事業所です。
精神科クリニックと同じ建物にあるので、医療的バックアップ体制も万全!

精神疾患があっても自分らしい人生を送りたい、社会に出て活躍したい!
という方の就職活動や就職後の社会人生活をサポートします。

「働かなきゃと思うんだけど、一歩が踏み出せない」
「仕事に就いたことがないので、どうしたらいいかわからない」

新着情報

8月5日(日)福智会納涼会を開催します.

8月5日(日) 医療法人福智会 納涼会を開催します。

場所は名古屋市立大学 桜山キャンパス本部棟4階

最寄駅:地下鉄桜通線桜山駅 3番出口

お問い合わせ:すずかけクリニックデイケア 052-731-8320 原、石丸

皆さんもぜひ、ご参加ください。一緒に夏の思い出を作りましょう!

[Eng Below] 第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました!

第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました!

6月28日から7月1日、私達はパープルデージャパンとして、日本でのパープルデー活動の紹介及び宣伝、またパープルデーをアジア圏に広げるため、インドネシアバリ島にて第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました。アジアオセアニアてんかん会議は国際てんかん協会(International Bureau for Epilepsy/IBE)と国際抗てんかん連盟(International League Against Epilepsy/ILAE)により主催され、アジア圏におけるてんかん治療の最新情報を交換交流する会議です。今年は延べ千人程の医療関係者及び当事者が参加しました。

パープルデージャパンはNGO出展者として、パープルマン及びパープルデー活動の紹介ポスターを展示ブースに貼り、スタッフがパープルデージャパンの活動実績及びてんかん啓発キャンペーンを紹介しました。また、様々なパープルデー関連グッズも用意しました。当院の患者さん達が作りましたパープルデーバッチ、折り紙、和風扇子などの手芸品やパープルデー宣伝チラシは、多くの方々にお手に取っていただき、大変人気でした。

また、28日から30日まで三日連続でパープルマンに登場し、来客の皆さんと一緒に写真撮影をしたり、会話をしたり、ヒーローポーズを取ったり、ブースはとても盛り上がりました。多くのアジア圏の医療関係者の方々にブースに足を運んで頂き、パープルデーに関心を示していました。中でもインドネシアやインドの先生は自国でもパープルデー活動をしていらっしゃり、今後パープルデージャパンとの連携を強化していきたいとご提案を頂きました。

この度の参加を契機に、今後も引き続きパープルデーのアジア圏での宣伝に力を入れ、各国の医療関係者の方々と連携を取り、てんかん啓発キャンペーンの影響力を拡大していきたいと思っております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

12th Asian and Oceanian Epilepsy Congress in Bali
From 28 to 30 July Purple Day Japan participated and showcased its activities in Asian Epilepsy Congress in Bali, Indonesia. Asian and Oceanian Epilepsy Congress was established in as a joint collaboration between International Bureau for Epilepsy (IBE) and the International League Against Epilepsy (ILAE) as a venue of exchanging ideas on latest research. This year the Congress provided a venue for exchanging ideas to over 1000 people.
Purple Day Japan took part in the Congress as a NGO exhibitor under the name of Purple Day Asia and distributed many purple coloured items, such as Purple Day and Purple Man badges, Japanese origami, ribbons and wrist bands, many of which were made by the patients in Day Care Centre, Suzukake Clinic. The participants in the Congress were not only delighted to receive these free items from Purple Day staff but also enchanted by the activities of Purple Day in Japan as well as philosophy behind the rehabilitation approach Suzukake Clinic is taking towards the patients with epilepsy. Furthermore, the presence of Purple Man in the Congress attracted everyone’s attention and made them come over, ask many questions and take many questions.
Purple Day Japan’s participation at Asian Epilepsy Congress was indeed a huge success in terms of raising public awareness about epilepsy in Asia and establishing solid networks. We are committed to go further and spread our activities in other parts of the world too.

[Eng Below] 福智会のチームは希望会卓球大会の優勝となりました!

6月22日中村スポーツセンターで47回希望会卓球大会が開催されました。福智会から3チームが参加しました。残念ながら、チームBとチームCは初戦敗退となったが、Aチームは4回戦で苦戦しながらも勝ち進み、全48チームの頂点に立ちました。福智会はフットサル、ソフトボールでの優勝は経験しているが、卓球では初です。悲願の優勝となりました。皆さんこれからもぜひ頑張りましょう!

On June 22, a long-awaited 47th  Table Tennis Tournament had a start at Nakamura Sport Center among the clinics in Aichi Prefecture.

Three teams participated the tournament from Fukuchikai. Unfortunately, after a few games Team B and Team C were withdrawn from the tournament. However, Team A struggled until the end and managed to win all the competing 48 teams securing the highest point. Fukuchikai members had so far experienced various victories in futsal, softball; however, the victory in table tennis tournament was the first time. At the end, the prize we won paid off all the efforts!

We will do our best in other forthcoming tournaments too!

[Eng Below] 福智クリニック37周年 新医療法人福智会20周年 記念祝賀会を開催しました!

福智クリニック37周年 新医療法人福智会20周年 記念祝賀会を開催しました。

6月17日(日)、福智クリニック37周年並びに新医療法人福智会20周年記念祝賀会を行いました。午後十二時半から、名古屋市八事興正寺にて職員研修会を行いました。まずは福智会理事長の福智寿彦から「私たちの福智会」と題して、職員全員が同じ目標へ向けるよう意気込みを語りました。また興正寺の小松永明僧侶から仏教の教えを教えて頂き、日々の生活の中、和顔愛語であることの大切さに感銘を受けました。

記念祝賀会は名古屋マリオットアソシアホテルにて行いました。沢山の先生方にお越し頂き、祝福のお言葉を頂き、温かみのある雰囲気に会場は包まれました。スライド写真を観ながら福智会の歴史を皆さんと語り盛り上がりました。福智理事長及び北村院長から職員へ感謝の思いを込めて、代表職員が花束を受け取りました。微笑みに満ちた会場の中、最後はみんなで記念写真を撮りました。

これまでの20年に感謝し、これからの将来に向けて、患者さんの精神治療及び社会復帰を全力でサポートする福智会の初心を忘れずに、職員一丸となって邁進していきたいと思います。今後も、福智会を、よろしくお願い致します。

On Sunday, June 17, all members of Fukuchi Kai happily celebrated 37th Anniversary of Fukuchi Clinic and 20th Anniversary of Fukuchi Kai.

The day first commenced with an annual staff training workshop from 12:30 at Koshoji near Yagoto, Nagoya. First, the director of Fukuchi Kai delivered a brief speech about creating a enthusiastic atmosphere and sharing the same goal all together at work. It was then followed by a sermon of a monk Matsunaga of Koshoji about using the principles of love in Buddhism in everyday life.

The second part of the day continued at Nagoya Marriott Associa Hotel whose atmosphere was wrapped in with warm congratulations and word of blessing by well-known doctors and professors. Directors Fukuchi and Kitamura grateful acknowledged the hard efforts that staff is putting to make the lives of patients enjoyable and presented a representative bouquet. In the venue that was filled with smiles, everyone took a commemorative photo at the end with Purple Man together, a character that symbolizes the fight to eradicate stigma.

We are very grateful for the past 20 years and would like to strive to work together as a staff member without forgetting the beginnings of the Fukuchi Kai. We will strive also to fully supports patients’ psychotherapy and social reintegration towards the future in the future as years to come.

[Eng Below] 福智会20周年 医療改革と観念変化の二十年

福智会20周年  医療改革と観念変化の二十年

この度、医療法人福智会は20周年を迎えました。20年間、支えてくださる皆様のおかげで、こうして発展し続けて、現在下記の七つの関連施設を含むように成長しました。
福智会は統合失調症、うつ病、てんかんなどの精神疾患の治療に力を注ぎながら、精神障害者の社会復帰を念頭に、リハビリテーション事業をこの20年にわたり積極的に取り組んで参りました。
医療法人福智会 関連施設一覧:
医療法人福智会 すずかけクリニック(神経科デイケア「すずかけの郷併設」)
医療法人福智会 福智クリニック(精神科デイケア「ぶなの森」併設)
メンタルヘルスサポートセンター(地域生活支援センター、ケアホーム「無心寮」)
カフェギャラリー「寸心」
Music&Food 「Imago」(就労継続支援事業所B型)
くう ねる(就労移行支援事業所)
HOPE(訪問看護部門)

福智会を立ち上げた当時、精神障害者の方々を社会へ復帰し本格的な仕事場で働かせることについて、リスク回避や責任帰属など多くの疑問を受けました。中に危険性を訴える反対の声もありました。実際に障害者の方が現場でお怪我をしてしまうこともございました。だが、福智会の理念として「障害をもつ人と障害をもたない人の壁を取り払いたい」、「社会からのスティグマを無くし障害者の真の社会復帰を実現する」を貫くため、私たちはこの20年間最善を尽くして患者さんたちを一生に歩んで参りました。
精神治療に新しい観念をもたらし、パイオニア精神で障害者リハビリテーション事業を開拓し、実績として現在40名以上の方が就労移行支援事業所「くうねる」を通じて就職しました。
この度の20周年は節目の年であり、福智会職員一同、初心を忘れず患者さんたちの精神治療及び社会復帰を引き続きお手伝い致し、共に明るい未来を作り上げて行きたいと思っております。皆さんの御理解御支援を、今後ともよろしくお願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

A Celebration of 20th Anniversary of Suzukake Clinic,

We first of all thank everyone for your kind support throughout 20 years! It is without hesitation that your continuous support has been a source of impetus for our clinic to expand and reach our hand to the people who need our help.
Over the course of 20 years, Fukuchi Society has been actively working on the rehabilitation project with a focus on the treatment of mental disorders such as schizophrenia, depression, and epilepsy. Along with this, Fukuchi society, through the help of its facilities, aims to assist the patients to find a job and hence easily integrate into the society.
Overall, under the motto of “eliminating the stigma and realizing true social integration”, Fukuchi Society is committed to expel various barrier for people with disabilities.
Together, we want to build a happy society and bright future for people.
Thank you for your continuous support and cooperation

› more